HOSP!三条看護・医療・歯科衛生専門学校

2020年4月より「高等教育の修学支援新制度」
開始決定!

2020年4月から国の新制度「高等教育の修学支援新制度」が始まります。 この制度は、基準の年収に満たない世帯の学生に対し、 専門学校・大学等への進学を経済的にしっかりと支援するものです。※1

法律制度の概要

  • 支援対象となる
    学科
    全学科
  • 支援内容
    • ①授業料等減免制度の創設
    • ②給付型奨学金の支給の拡充
  • 支援対象となる
    学生
    • ◎住民税非課税世帯
       及びそれに準ずる世帯の学生
    • ◎学ぶ意欲のある学生であること
  • 実施時期
    2020年4月

この制度は
①授業料等減免
②給付型奨学金の支給
2つで
構成されています。

① 授業料等減免

学費等の悩みで進学を諦めていた学生を対象に、入学金と授業料の減免が行われます。

区分 世帯年収※2 入学金減免額 授業料減免額
第Ⅰ
区分
270万円まで(住民税非課税世帯) 16万円(上限) 59万円(上限)
第Ⅱ
区分
300万円まで(住民税非課税世帯に準じる) 10.6万円(第Ⅰ区分の2/3) 39.3万円(第Ⅰ区分の2/3)
第Ⅲ
区分
380万円まで(住民税非課税世帯に準じる) 5.3万円(第Ⅰ区分の1/3) 19.6万円(第Ⅰ区分の1/3)

② 給付型奨学金の給付(返還不要)※3

現在の日本学生支援機構「給付型奨学金」も今までよりも充実され、「授業料等減免」との併用も可能になりました。

区分 世帯年収※2 自宅生 自宅外生
第Ⅰ
区分
270万円まで(住民税非課税世帯) 46万円(年額) 91万円(年額)
第Ⅱ
区分
300万円まで(住民税非課税世帯に準じる) 30.6万円(第Ⅰ区分の2/3) 60.6万円(第Ⅰ区分の2/3)
第Ⅲ
区分
380万円まで(住民税非課税世帯に準じる) 15.3万円(第Ⅰ区分の1/3) 30.3万円(第Ⅰ区分の1/3)

「歯科衛生士学科」 の学費で
シミュレーション<世帯年収約270万円までの場合>

歯科衛生士学科 初年度
学費
入学金 70,000円
入学金免除(全額)
0円
年間授業料 490,000円
授業料減免(59万円まで)
0円
施設設備費
・維持費
340,000円
給付型奨学金(返環不要)
0円
学費合計 900,000円
学費は実質0円
0円

さらに学費納入後に残る奨学金は・・・

自宅生の場合

約120,000円

自宅外生の場合

約570,000円

残金は生活費や交通費、寮費、書籍代
として使えます!
具体的にシミュレーションをしてみる
  • ※1
    進学後に退学・停学の処分を受けた場合や、出席率が低下するなど学習意欲が著しく低いと学校が判断した場合など、一定の条件が満たされなかった場合に、支援が打ち切られる場合があります。
  • ※2
    家族構成および子の在学状況により世帯所得(年収)基準が変わります。また、ふたり親世帯の場合、いずれかの親が配偶者控除対象となっている場合。
  • ※3
    日本学生支援機構の無利子奨学金(第一種)を利用する場合は上限額が調整されます。また、給付型奨学会と同様の支援制度により給付を受けている期間は、給付型奨学金を受給できません。
  • ◎ 詳しくは、文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/kyufu/)をご覧ください。

入試・学費説明会

開催日程

オープンキャンパス開催日にプログラム内でご説明いたします。
オープンキャンパスの開催日は下記よりご確認ください。

※オープンキャンパス会場には、無料駐車場がございます。

LINE公式アカウント@cjd7966h
twitter@HOSPI_net
instagramhospi_senmon
youtube 
facebookHOSPI1422
NSGカレッジリーグ
NSGグループ